おまとめローンの審査が通りやすい銀行は?

おまとめローンの審査が甘い銀行は?

口コミイメージ

おまとめローン審査が難関な人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

 

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

 

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

 

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

 

金融業界では多重債務者は好まれませんので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

 

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

 

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

 

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

 

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

 

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

 

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

 

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

 

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

 

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

 

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

 

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

 

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

 

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

 

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

 

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

 

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

 

その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

 

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

 

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

 

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

 

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

 

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

 

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

 

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

 

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

 

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

 

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

 

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

 

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

 

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

 

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

 

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

 

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

 

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

 

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

 

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。