おまとめローンよくある質問とは?

銀行おまとめローン・借り換えに関するよくある質問とは?

 

銀行おまとめローンや借り換えに興味を持っている人のなかには、実際はどんなことをするのだろうかといった疑問や、不安を持っている人もいるかもしれません。

 

まず考えなければいけないのは支払い総額を減らして返済の負担を軽くしようというものだということです。

 

そこで金利の差が重要になってくるのです。

 

金利が低ければそのぶん支払わなければいけない利息分を減らすことができるからです。

 

おまとめローンや借り換えがお得なのは?

 

それでは、どのようなケースならばおまとめをして得をするのかというと、ローン残高が1つの目安となっています。

 

一般的によく言われているのが、残高が500万円以上あるケースです。

 

だいたい500万円を超える残高があり、10年以上の返済期間が残っている人は、もっと金利の低いところにローンを組みかえたほうがよいと考えられています。

 

年率で1パーセント以上の差があるならば、支払い総額に大きな差が生まれることになるからです。

 

住宅ローンの場合は借り換えにお金がかかります

 

けれども、そこで知っておかなければいけないのが、銀行借り換えにかかる費用についてです。

 

この費用のことを知らないで実行して、実際にはあまり得でもなかったといったケースもあるからです。

 

それまで借金をしていた借り入れ先に対しては、繰上げ返済手数料が発生しますし、住宅ローンならば抵当権末梢費用などもあります。

 

そのほかにも新規申し込みにかかる諸経費が引かれることで、結局は金利差で生まれる差額が埋まってしまうこともあることを知っておきましょう。

 

とくに住宅ローンの場合は、新たに登記費用や印紙税、事務手数料、保証料なども必要になるので、あらかじめ総額を出して比較をしておいたほうがいいでしょう。

 

多いところでは50万円以上かかり、なかには100万円前後といったケースもあります。

 

借り換えに力を入れている金融機関ならば、手数料などを無料にしているところもあるので、20万円程度で済むといったこともあります。

 

ですから、諸経費のかからないところを選択するのが大きなポイントの1つになっているのです。

 

住宅ローンの借り換えはさらに条件が…。

 

そして、借り換えは誰にでもできるのかと言えば、実際にはそうではありません。

 

たとえば、担保割れをしているケースなどは、新しいローンを組みなおすことが基本的にはできません。

 

そういったケースでは、担保割れ物件を扱っているローンを探さなければいけなくなります。

 

もちろん、それまでの返済が滞っていたり、返済能力の有無によっても融資が受けられないと考えていいでしょう。

 

健康状態や勤続年数などが問題になることもあります。

 

おまとめローンの場合を考えてみると?

 

銀行でキャッシングなどの借り入れをおまとめするという場合の疑問ですがキャッシングの場合は、おまとめの際にお金が別途必要になることはありませんから思い立ったらすぐにでも検討して申込をしてもいいでしょう。

 

 

注意すべきは、低金利のおまとめローンの場合
新たな借り入れができなくなるなどの制限があることがあります。

 

借り入れ資金の用途やそれ以外の使い道についてはよく確認しておきましょう。

おまとめローンで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?

申し込み



申し込み



申し込み