おまとめローンの審査は厳しい?

おまとめローン消費者金融と銀行カードローン比較!

 

銀行借り換えを行う場合には、いろいろなローンがあることを知っておきましょう。

 

たえとば、1番代表的なのは住宅ローンになります。

 

これは高額で返済期間も長いことから、金利も低く設定されていることが多くあります。

 

ただし、額が大きいだけに支払い総額で比較すると、数パーセントの金利差が大きな違いを生むことになるのです。

 

そのほかにも手数料や諸経費などもかかることで、借り換えを行うには最終的な支払い総額を比較する必要があります。

 

 

複数の借り入れ一本化するのが、おまとめローン

 

そして、複数の業者から借り入れを行っている人が利用するのがおまとめローンです。

 

これも借り換えの代表的なプランの1つだと言えるでしょう。

 

借り入れ先がばらばらだと、年率もばらばらですし、返済日も複数に分かれています。

 

そういった状況ではきちんとした返済計画が立てられないですし、合計した利息分も多くなってしまいます。

 

そこで、借金を1本化することで負担を減らし、完済に向けた道筋が立てられるようするのが目的となっています。

 

 

銀行は消費者金融よりも低金利なことが多い

 

最近では、銀行カードローンも増えてきました。

 

消費者金融などでは、どうしても高金利のものもあるので、審査が厳しくないという理由や、すぐに現金が手に入るということで安易に借りてしまい、結果として返済に困るといったケースも考えられます。

 

 

一般的に銀行審査は厳しいと言われていますが、カードローンでも低金利で安心して借りられるという利点があるのです。

 

なかには主婦やパート・アルバイトでも申し込めるものもあるのです。

 

 

また、前述のようにすぐに現金が必要だといったケースでも、まずは銀行系のものを探してみることをオススメします。

 

 

消費者金融のほうが早くて簡単といったイメージがありますが、楽天銀行カードローンや、じぶん銀行カードローンなどは、いずれも即日融資が可能になっているのです。

 

 

こういったものを利用しておけば、低金利で融資を受けることができるので、利息分によって返済の負担が増えるといった事態を回避することが可能なのです。

 

 

おまとめローンの最重要ポイントは金利

 

最終的に重要になってくるのは支払い総額なので、まず考えなければいけないのは低金利であることです。

 

 

このポイントを考慮するならば、やはり銀行カードローンが有利なのだということになります。

 

 

これは、おまとめをするときにもそうですし、新規にお金を借りるときでも同じことです。

 

 

消費者金融でも年率が低いことを宣伝している業者もありますが、返済にかかる費用なども比べてみて、総額でどの程度になるかを考えてどこから借りるかを決めるようにしましょう。

 

借り換えで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?

申し込み



申し込み



申し込み