銀行おまとめローン返済方法は?

 

おまとめローンによる銀行借り換えを希望している人というのは、多重債務に陥っているケースがほとんどだと言えます。

 

複数の金融業者から借り入れを行っていることで、毎月何回も借金を返さなくてはいけないといった苦しい状況にあると言えます。

 

そういった人にとっては、借り入れ先を低金利の1本にまとめることができるというのは、完済に向けた大きな1歩となるのです。

 

しかし、借りたお金は全額返さなければいけないという原則は守らなければいけません。

 

 

まず、おまとめローンによって返済が楽になるケースを考えると、高金利による利息分によって生活が苦しいという人をあげることができます。

 

定期的な収入があって、毎月返済をしているのに借金が全然減らないという場合は、金利が高すぎることが考えられます。

 

お金を返しても毎月の利息分だけにしかならずに、元本が減っていかないというケースです。

 

この場合は、低金利のものに借り換えていくことが、もっとも効果的だと言えるでしょう。

 

 

とくに生活のためにほかの金融機関から借り入れをして、さらに厳しい状況におかれてしまうという悪循環は断たなければいけません。

 

悪質な業者から借りてしまうと、厳しい取り立てなどで追い詰められてしまうといったことも考えられるからです。

 

おまとめローンならば、返済計画も立てやすくなりますし、利息の支払いも低金利によって負担が軽減されることが多くあるのです。

 

ただし、借り入れ先が多すぎたり、借金自体が高額のケースではそのほかの方法も検討する必要があります。

 

 

たとえば、特定調停というものがあります。

 

これは簡易裁判所に申し込みを行うもので、債務者の経済的再生を目的として、金銭債務の利害関係について調整を行ってもらうことができます。

 

法外な金利で借金をしている場合には、法定利息に引きなおすなどの処置がとられることになります。

 

個人でも法人でも申請できますが、あくまで完済に向けた手順であり、はじめから返済が難しいケースでは受理されないこともあります。

 

 

ほかにも、任意整理や個人再生手続きといった方法もあります。

 

任意整理というのは、弁護士や司法書士を通して債権者に対して債務の整理を申し込むことができるものです。

 

高い利息で不適当に支払っていた分を取り戻すことができます。

 

個人再生手続きというのは、継続的な収入がある人で、借金が3000万円以下の場合には、原則としてその5分の1を3年に分割して返すことで残りを免除してもらうことができます。

 

自己破産とは違うものになります。

 

借り換えで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?