おまとめローン審査の注意点とは?

銀行借り換えには向き不向きがある?

 

銀行おまとめローンを利用するには、自分がそのことで得をするのか否かを計算しておく必要があります。

 

たいして状況が変わらないのならば手間がかかっただけになってしまいますし、逆に最終的には多く支払わなければいけなかったということにならないように注意しなければいけません。

 

 

住宅ローンなど額が大きいローンを借り換える場合は、事前に銀行に相談をしてみるのもいいでしょう。

 

ほかにもシミュレーションができるサイトなどもあるので、そういったサービスを活用してみることをオススメします。

 

 

早め早めに考えることが大切です

 

借金が増え続けてしまう状況になる前に手を打つということも重要になります。

 

 

要するにキズが浅いうちに対処したほうが苦しい状況を回避できるということです。

 

まだ大丈夫だと考えるよりも、さっさと負担の少ない条件で返済していける環境を整えてしまったほうがいいのです。

 

それまでよりも借金の額が増えた場合には、1年以内におまとめローンを実行してしまったほうがいいでしょう。

 

そうしないと一気に膨れ上がることがあるからです。

 

 

銀行のおまとめローンがオススメなのはこんな人

 

そういったなかで、おまとめローンをすぐにでもオススメすべき典型例として挙げられるのは、単純に高い金利でお金を借りている人です。

 

とくに今すぐお金が必要と言うことで金利の高い消費者金融を複数利用している人は、金利の低い銀行カードローンにおまとめすることをおすすめします。

 

そういったケースならば、早めにおまとめをしたほうが余計な利息分を支払わなくて済みます。

 

また、複数の借入がある場合、1ヶ月の間に何度も返済日が来て返済に追われると言うことも多くあり返済計画が立てずらいと言うこともあります。

 

借り入れ先を一つにまとめることで、返済計画も立てやすくなり返済もスムーズに行うことが出来ます。

 

 

銀行おまとめローン審査が厳しい人は?

 

おまとめする場合、今よりも金利の高いところでおまとめしても意味がありません。

 

また今より金利の低いところを選んでも返済回数が増え結局多く利息を払ってしまうと言うこともあります。

 

出来れば、低金利の銀行カードローンでおまとめするのがおすすめですが、金利が安いと審査に通りにくいと言うこともあります。

 

銀行カードローン審査が厳しいと言う方は、消費者金融でおまとめすることを考えてもいいでしょう。

 

 

最終的な返済額が高くなるとおまとめしても意味は、ありませんが、返済額が変わらない場合は、おまとめすることで、毎月の返済が1回で済むというメリットがあります。

 

ただし、そこで安心して気を抜いてはいけません。

 

ローンの返済自体は終わっていないからです。

 

 

絶対にダメです!

 

なかには、せっかくおまとめローンで1本化しても、それで安心してまたよそから借り入れを行うといった人もいます。

 

そういったやり方では、いつまで経っても完済できないのです。

 

借りたお金は返すという原則を忘れてはいけないのです。

 

借り換えで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?

申し込み



申し込み



申し込み