おまとめローン審査に通りやすい銀行は?

複数借入れは低金利のカードローンでおまとめ!

 

銀行借り換えの目的というのは、利息分の負担を減らして無理のない返済計画が立てられるようにすることです。

 

そこで重要になってくるのがおまとめローンなのです。

 

とくに複数の金融機関から借金をしているときには、このプランに移すことでいろいろなメリットが考えられます。

 

1番問題となる利息分についても、借り入れ先ごとにばらばらだと計画的に返していくことが難しくなってしまいます。

 

そこで1本化してしまうことで、完済に向けた計画が立てやすくなるのです。

 

 

たとえば、

 

A社から年率19パーセントで70万円、

 

B社から年率20パーセントで85万円、

 

C社から年率16パーセントで120万円

 

の借金をしていたとしましょう。

 

それぞれに金利も違えば借り入れ金額にも差があります。

 

そうすると、毎月ばらばらの返済日にそれぞれの金利で設定された金額を支払わなければいけません。

 

そこに年率で14パーセントのおまとめローンがあれば、3社を合わせた275万円の借金をその年率で返していったほうが負担が少ないというわけです。

 

 

そのときの借金の種類はいろいろと考えられるでしょう。

 

住宅ローンもあれば自動車のマイカーローン、クレジットカードの借入金なども考えられます。

 

なかでも消費者金融やカードローンといった小口のものが複数あって困っているという人に、このおまとめローンは効果を発揮するのです。

 

最終的には全額返済をしなければいけませんが、利息ばかりの支払いで元本が全然減らないという状況になってしまっている人もいるからです。

 

とくに支払い能力があってもなかなか完済できない人にオススメです。

 

 

それは、低金利で利息分の負担を減らすことができるので、完済への道筋が立てやすくなるからです。

 

それまでも、まがりなりにも毎月の支払いをしていたという人は、利息の負担が減ることと、複数あった借り入れ先が1つになることで、返済計画にもゆとりが生まれることになるのです。

 

返済日、返済額、利息といった、それまで苦しめられていた要素を負担の少ない条件で1本化してしまうことで、完済に向けて明確な目標が定まるというわけです。

 

 

その際には、金利の比較をしておくことと、残高の確認をしておくことが重要になります。

 

残高によっては先に単独で完済をして整理をしてしまったほうがよいケースもあるからです。

 

また、おまとめローンにもいろいろな種類があるので、自分の条件に見合うものを探す必要があります。

 

審査基準はクリアしているのか、融資可能な額は足りているのか、担保や保証人は必要なのかといったことも調べておくようにしなければいけません。

 

借り換えで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?

申し込み



申し込み



申し込み