おまとめローン審査申し込みのタイミングは?

 

銀行のおまとめローンを検討している人にとっては、それを実行するタイミングというのも重要になります。

 

早ければ早いほど利息分の支払い額に大きな差がつくことになります。

 

けれども、そのタイミングを逃して遅れてしまうと、結局差がつかないか、逆に損をしてしまうことにもなりかねないのです。

 

借金の額は同じなので、重要なのは最終的にどれだけの利息分を支払わなければいけないのかという点なのです。

 

そこで金利の差が重要になってくるというわけです。

 

 

たとえば、住宅ローンを利用している場合は、借り換えを実行するタイミングというのがいくつか考えられます。

 

それは、固定金利と変動金利、あるいはそれの組み合わせでお金を借りているケースなどがあるからです。

 

変動金利ならば将来的な動向を見ていく必要があり、なかなか実行に移せないというケースもあるでしょう。

 

固定制ならば早めに金利の低いところに移してしまったほうがよいケースも考えられます。

 

とくに後から魅力のあるプランが登場したりするからです。

 

そして、固定制と変動制を組み合わせてある住宅ローンを利用している場合は、固定制の期間が終るタイミングで低金利の銀行に借り換えをしてしまうのが効果的だと言われています。

 

なかでも年率が上昇しているときには、変動制に移る前に実行してしまうことが重要になっているのです。

 

転職などを考えている人にとっても、それまでの給与から増えたり減ったりといったことが考えられます。

 

そこで、より負担の少ないものに移してしまったほうがよいと考えることができるのです。

 

 

また、複数の金融機関から借金をしているという人ならば、それぞれの残高を考えておまとめするタイミングを検討していくことになるでしょう。

 

とくに残高の少ないものに関しては、そのタイミングでほかに移す必要はないと考えることもできます。

 

そのまま完済してしまったほうが手間もかかりませんし、利息分に関しても大きな差は出ないからです。

 

年率が高く、残高も多いものをおまとめしていくような考え方をするのが効果的だと言えるでしょう。

 

 

なかには、はじめから低金利のものを選んでいるという人もいるでしょう。

 

そうしたケースでは、無理に動かす必要はありません。

 

ただし、後からもっと条件のよいプランが登場したならば、やはりおまとめローンを検討してみる価値はあります。

 

最終的にどれだけ支払うかの差によっては早めに移してしまったほうがよい場合もありますし、すでにタイミングを逸してしまっていたならば、無理に動かすのはやめて地道に返していく道を選択することになるのです。

 

借り換えで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?