銀行おまとめローンの審査の基準は厳しい?

銀行おまとめローン審査に通るには?

 

複数の借り入れをおまとめするには、審査に通らなければいけません。

 

それまでの借り入れ先から、より条件のよいものに借金を移すことになるので、負担を減らすことができる反面、そのためには厳しい審査基準が用意されていることもあるのです。

 

それは、信用度が高ければ低い金利でも貸してくれる金融機関はありますが、信用度が低ければ高い金利でないと貸してくれない金融機関しかないからです。

 

審査がゆるいところは、たいてい年率が高く設定されているのです。

 

おまとめローン審査基準、重要なのは?

 

おまとめをすることによる完済の見込みがなければ、

金融機関として貸し出すメリットがありません。

 

そこで、ほかの借金がないのかということも重要なポイントになってきます。

 

希望する借金以外にも負債を抱えていると、審査に落ちてしまうこともあるのです。

 

そういった多重債務者には、別におまとめローンというプランが用意されているので、そちらに申し込むのがいいでしょう。

 

また、金融機関からの借金でなくても、クレジットカードでの借入金などが問題になることがあります。

 

審査で不利になると隠していても、カードやほかの金融機関からの借り入れ状況というのは、情報として残っているので照会すればすぐにわかってしまうことなのです。

 

翌月払いのクレジットなどは毎月支払いが滞っていなければ問題ないところも多いようですが、融資可能金額に影響してくるケースもあると考えておいたほうがいいでしょう。

 

そして、キャッシングに関しては、未返済分が残っていると審査においてマイナス評価となります。

 

先に完済をしておけるならば、そうしておいたほうがよいと言えます。

 

ほかにもマイカーローンなどの支払いが残っている人も、それを考慮した融資額となるケースがあるようです。

 

住宅ローンなどにおいては、自分にとって有意義な借り換えを行うためには、ある程度はそれ以外の借金を整理しておくことも大切になってくると言えるでしょう。

 

そのほかの審査基準について

 

銀行系の借り換えの場合は安定した収入が見込める職業であることが重要な要素となっています。

 

1番よいのは規模の大きな会社に勤めていることでしょう。

 

なかでも勤続年数が3年以上や5年以上あったほうが有利だと言われています。

 

年齢は20歳以上で、完済予定時の年齢も問題になることがあります。

 

それは、収入があるうちに完済できる計算が成り立つほうが確実に回収できるからだと考えていいでしょう。

 

 

おまとめローンで負担を減らせる低金利な銀行カードローンは?

申し込み



申し込み



申し込み